東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

長いケーブルがなくても大丈夫!ワイヤレスHDMIエクステンダー

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

HDMケーブルを使用してテレビやプロジェクターなどに接続することで、
ゲーム機やレコーダーなどの高画質な映像を大画面に映し出すことが可能です。
しかし、問題なのが、ケーブルの長さや設置など、
ケーブルもゴチャゴチャとしてしまったり、長さが足りずに困ったことありませんか。
そんな時は、ワイヤレスHDMIエクステンダーを使用して、ケーブルを使用することなく、
見た目もすっきり快適に設置することができます。
また、距離が多少あっても送信・受信することができるので、部屋が違っていても伝送することができます。

ワイヤレスHDMIとは、テレビやモニターとPC、ゲーム機などを無線状態で接続する機器の1つです。
機種によってはフルHDや4Kといった高解像度の映像をワイヤレスで送受信することが可能です。
ワイヤレスでHDMI接続することができ、ケーブルレスですっきりしますが、
ワイヤレスHDMIエクステンダーのサイズが大きいと逆にすっきりしなく感じるかもしれません。
そのため、ワイヤレスHDMIエクステンダー自体のサイズも重要になります。
たくさんのサイズがあるので、できればサイズがコンパクトであれば設置しても邪魔になることもありません。
ワイヤレスHDMIエクステンダーを使用すると、伝送距離範囲内であれば距離が離れていても、
映像などの受信・送信ができるようになります。
なので、長い距離で機器を接続したい場合は
それだけHDMI信号の伝送距離が長いものを選んで、設置しましょう。
ワイヤレスHDMIエクステンダーにも、伝送可能な解像度があり、高解像度な映像を伝送したい時などは、
受信する機器や送信する機器が高解像度でも、ワイヤレスHDMIエクステンダーが最大解像度が決まっていれば、
それ以上の解像度では伝送できないので、できるだけ高画質な映像で楽しみたい方などは、
ワイヤレスHDMIエクステンダーの伝送可能な解像度をチェックするとよいでしょう。
プロジェクターなどの赤外線リモコンを操作する際、離れた場所にいても、
送信機に接続している機器を操作することができれば、便利に活用できます。
なので、赤外線リモコン操作対応であれば、様々な場面で便利なので、
赤外線リモコン操作対応のものを選びましょう。

ワイヤレスHDMIのメリット・デメリット
メリット
ワイヤレスHDMIのメリットは無線であること。
そのため、デスク周りでコードが沢山になってしまっている方に特におすすめです。
また、ワイヤレスHDMIの中には最大150mまで無線接続が可能など、接続可能距離が非常に長いです。
そのことからも通信元とモニターやテレビとの距離が遠い方にもおすすめです。

デメリット
ワイヤレスHDMIのデメリットはやはりその価格の高さでしょう。
有線タイプのHDMIであれば1,000円以下、高くても2,000円程度で購入することができます。
ワイヤレスHDMIの価格帯は10,000〜50,000円。通常のHDMIの10倍以上の価格になってしまいます。

同じ映像を複数のテレビ・モニターに表示できるHDMI分配器。
プレゼンや展示会などのビジネスシーンはもちろん、
PS4などのゲーム動画を配信するときなど、プライベートシーンでも大活躍するアイテムです。
4K対応のモデルも販売されているので、映像の質を重視したい方はぜひ導入してみてください。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

◆──────-- - - -              102-NETWORK                     - - - – --───────◆

ページトップへ