東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワーク助成金の話

◆──────-- - - -       102-NETWORK      - - - – --───────◆

新型コロナウイルスの影響でテレワークに移行を考えてる会社さんも多いのではないでしょうか?
前回のコラムにてVPNとは何かのお話をしました。そのVPNやテレワークに必要なテレワーク用通信機器を導入、運用をすると厚生労働省が行っている制度から助成金がもらえるって知っていますか?
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する中小企業事業主に
事業実施期間中に助成対称の取組を行うことで、
「働き方改革推進支援助成金」を得ることが出来ます。

新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースの助成内容
概要
「働き方改革推進支援助成金」(※令和元年度までは「時間外労働等改善助成金」に名称変更予定)に
新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースを時限的に設けます。

(1)対象事業主
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主
※試行的に導入している事業主も対象となります。

<対象となる中小企業事業主>
労働者災害補償保険の適用中小企業事業主であること

(2)助成対象の取組

・テレワーク用通信機器(※)の導入・運用
・就業規則・労使協定等の作成・変更
・労務管理担当者に対する研修
・労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等
※ シンクライアント端末(パソコン等)の購入費用は対象となりますが、
シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの
購入費用は対象となりません。

(3)主な要件
事業実施期間中に
・助成対象の取組を行うこと
・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

(4)助成の対象となる事業の実施期間
令和2年2月17日~5月31日

(5)支給額
補助率:1/2(1企業当たりの上限額:100万円)

リモートアクセスやSSL-VPNなどを取り入れてテレワーク用通信機器の導入・運用を始めませんか?
当社では FortiGateなどでのSSL-VPNなどの工事を得意としております。
リモートワークの準備をはじめオフィスの施工のご相談等も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

◆──────-- - - -       102-NETWORK      - - - – --───────◆

ページトップへ