東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

オフィス移転、LAN工事での注意すべき点は??

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

近年のオフィスでは1人1台のパソコンを持つのは当たり前になっており、社内ネットワークを整備しているところも多くあります。そのため、オフィス移転の際にはネットワーク工事が必要です。移転してすぐにネットワークが稼働しないと業務に支障をきたします。移転の際には不備のないように手配をしましょう。

 

LAN工事のポイント

移転する際には先のことを考えた配線工事をする必要があります。レイアウト変更のたびに配線工事を行うのはコストも手間も掛かります。それを回避するための方法の一つが基幹LAN等を床下に埋め込むというものです。この方法を取り入れることでレイアウト変更時に配線の整備を作り直す手間が省け、結果的にコスト削減に繋がります。

その他にも床や天井、間仕切りの中にLAN配線を通すなど安全でコストのかからない配線方法は様々あります。

 

配線整理の重要性とは?

線が切れてしまうなどのトラブルを防ぐためにも配線整備はきれいに行いたいものです。その方法の一つにフリーアクセスフロアがあります。これは配線をフリーアクセスフロアの下に収納してケーブルの乱雑さや損傷から守るというものです。

またケーブルが収納できる配線ダクトや、ケーブルフック、配線ホールなどが備わったデスクを用意しフリーアクセスフロアからオフィス内に取り出されたケーブルがスムーズに配線できるようにしておくと便利です。

オフィスのLAN工事の流れ

LAN工事は次のような流れで進みます。

まずは現状把握です。専門業者によっては現地に来て調査を行います。調査内容に合わせた見積もりを作成・提出してもらいます。合意が出たところで発注・工事日程の調整をし、その後工事配線をします。

配線図はできるだけ移転前に作成するのが理想です。移転後に業務拡大の可能性があるのであれば、それも踏まえた設計をしましょう。先を見据えた配線を行うことで増設費用などの無駄なコストを省くことができます。

 

VLANの導入

VLAN(Virtual LAN)とは、仮想サブネットと呼ばれるもので、ネットワークを仮想的に分割する場合に使用されます。

通常のネットワークであれば取り交わされるデータを一度ネットワーク中全ての場所に送信しなくてはいけないことに対して、VLANだと限定されたネットワークで効率的に送信することができます。そのため無駄な処理がなくなり負荷の軽減が図れます。

またネットワークが分割されることで、ウイルスの感染拡大を防いだり各ユーザーがアクセスできる範囲を制限したりといったことが可能になります。

このようにVLANを導入すれば、会社の規模拡大と共にネットワーク全体が大きくなったとしても柔軟な対応ができるのです。

ネット回線に関する知識が薄い場合、通常のLANのみでネットワークの構築を行ってしまう方もいます。しかし、移転をする際には再度回線の見直しを行いVLANの導入を検討してみても良いでしょう。

LAN工事や配線は専門業者に依頼する方がスムーズです。電話工事とセットにすれば費用も安く済みます。専門業者であればレイアウト変更の際にコストが掛からない配線をしてくれる、セキュリティに関する方法を提案してくれるなど、あらゆるサービスを提案してくれるでしょう。

オフィスのLANの管理や高速化などネットワークの効率化を図ることで生産性が高まることも期待できます。移転の際に必要と思われるサービスを依頼することで、後々のコスト削減にもつながるでしょう。

 

少しはお役に立てたでしょうか。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

 

 

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

ページトップへ