東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

知っていますか??ひかり電話とIP電話のちがい

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

ひかり電話とIP電話って?

ひかり電話とは

ひかり電話とは、電話会社が提供している光ファイバーを利用する電話のことです。光回線を利用するので、通話の品質が安定しています。電話番号は市外局番から始まるので固定電話から乗り換えても電話番号は継続で使用できる場合があります。全国一律で3分8円の通話料がかかります。110番やフリーダイヤルにも通話が可能です。

また、FAXを使用することも可能。しかし、環境によっては工事費がかかってしまい、初期費用が高くなってしまうことがあるので注意が必要なのと、携帯への電話料金は固定電話とはあまりかわりません。

IP電話とは

IP電話とは、プロバイダが提供しているインターネット回線を利用する電話のことです。電話番号は050から始まります。料金が比較的安いのが特徴で、特に同系列プロバイダのIP電話間であれば通話料は無料になります。その一方、インターネット回線を利用しているので、回線状態や周辺に置かれている機器等の影響を受けやすく通話が安定しない場合があるというデメリットがあります。そのため事前に通信環境をしっかり下調べしておかなければいけません。また、FAXの使用はできませんのでFAXを利用したい場合は注意が必要です。

ひかり電話とIP電話、併用できる?

併用した場合のメリット

ひかり電話とIP電話を併用した場合のメリットは、電話機が自動でひかり電話とIP電話を切り替えます。例えばIP電話にかける時はIP回線を利用してくれます。IP電話あての電話料金が自動で無料になり、また、2つの回線を持つことになるので市外局番から始まる電話番号と、050から始まる電話番号、2つの電話番号を持つことになり、私用と仕事用に電話番号が使い分けられるのも魅力といえます。

併用した場合のデメリット

では、併用した場合のデメリットはいかがでしょう。2つを併用した場合、メイン回線はIP回線になります。そのため、電話を発信した場合、相手側には050で始まる電話番号が表示されるので相手が登録していない場合、不審がられてしまうことも。ひかり電話の番号で発信したい場合は、相手の電話番号の頭に0000を付けてダイヤルしなければいけません。110番や、フリーダイヤルに発信する時も同様です。

 

少しはお役に立てたでしょうか。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

 

 

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

 

 

ページトップへ