東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

ご存知ですか??複合機とプリンターの違い

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

プリンターとは主にレーザープリンターとインクジェットプリンターに分類され、パソコンで作成したファイルなどを印刷する機能に特化した機器を指します。現在では、メーカーによってプリンターにコピー機能やスキャナー機能を付けているものも発売されています。 複合機とは、一般的に、コピー、プリンター、スキャナー、FAXなどの機能が一つにまとめられている機器を指し、オフィスを便利にする多くの機能がついています。

 

複合機は、プリンター、スキャナー、FAX等を別に購入しなくてもよいためオフィスのスペースを有効活用することができます。 複合機購入時月々の印刷枚数により価格が変動するカウンター方式という保守契約に入っているため、トナーや紙までが無料支給され修理などの突発的な支払が発生しない点もメリットとして挙げられます。

 

複合機のメリット

複合機の最大のメリットは、コピー、FAX、スキャナーなど従来別々の機器として持っていたものを一台に集約できることです。これには、大きく二つの効果があります。

オフィススペースを最小限におさえることができる。
(オフィス賃料の高い地域では、設置面積が小さいことのメリットは大です。)

導入費用、ランニングコスト(メンテナンス・保守、消耗品、通信費・電気代など)の削減ができる。

そしてもう一つ忘れてはならないのは、アプリケーションとの連携です。いまや複合機にはさまざまなソリューションが提供され、モバイルワークやペーパーレスなど業務の効率化が図れます。

プリンターのメリット

プリンターは、複合機と比較してプリンター機能のみのため、コンパクトで導入費用が少ないことが大きなメリットといえます。

本体サイズが小さく、軽い。

導入費用が複合機に比べると低い。

待機電力や消費電力が非常に少ない。

コスト面で選ぶならプリンター、利便性の向上と省スペースで選ぶなら複合機、という結論になります。一般的な複合機のリース期間となる5年間の総コストでみると圧倒的にプリンターに軍配が上がります。 仮にスキャナーやFAX等の専用機を揃えたとしても複合機の総コストの3割にも満たないでしょう。またプリンターは、複合機よりも構造がシンプルなため印刷速度が速く印刷が混み合う時間帯の待ち時間が減りますので、業務効率を上げることに繋がります。 複合機を選定する際の注意点として複合機の価格の違いは、印刷速度で判断できます。 印刷速度が早ければ高額で、遅ければ低価格となります。

そのため月間印刷枚数にあった複合機を選ばないとオーバースペックにもかかわらず、より高いリース料金を支払うことになります。

 

機器代やメンテナンス代、設置スペース代のことを考えると、コピー機、FAX、スキャナー、プリンターを個々にそろえる必要がなく、日常業務に必要な機能が一台に集約された複合機の導入を決める企業は多いようです。

しかし、会社全体で複合機の導入が必要と判断した場合でも、部署や業務内容に応じてプリンターを併用すれば業務効率の向上やコスト削減につながることもありますので、ロケーションや用途によって選択してもいいかもしれません。

 

少しはお役に立てたでしょうか。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

 

◆──────-- - - -           102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

 

 

ページトップへ