東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

音響設備を導入する時のポイントは?

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

音響設備工事の費用は、使用する外壁材・塗装材や施工方法など、ご希望される音響設備工事の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

 

音響設備工事のポイント

音響設備工事と一口に言ってもいくつかの工事内容がありますが、

一例として遮音ボードの導入が挙げられます。

音響設備を整える為には遮音性を高める事も大切ですので、

その為にも壁に特殊なボードを導入してもらう必要があります。

他にもスピーカーを導入する為の配線工事なども挙げられますが、

工事を依頼する際の注意点があります。

良い音響設備を導入しても、

音の反響やお客様との距離を考えなければ的確な音量で音楽が店内に届き渡りません。

従業員の動線や店内レイアウト次第では音が響きづらいケースもあります。

他にも、店内では音楽が聞こえていたけれど化粧室や試着室に移動した途端に聞こえなくなったとなると折角の良い雰囲気が途切れてしまいます。

心地よい空間を維持するためにも、

店舗のどこにいても音楽が流れている状態にしましょう。

音響設備工事をするのに必要なことって?

飲食店や各種ホール、コンサート会場やライブハウスなどといった場所では音響設備工事を施工することが必要になるケースが多々あります。

その際に必要とされていることではまずは建物を防音加工に施すことです。

天井や壁、床材なども防音機能が備わっているものを利用することになり窓やドアなどの細かい部分にも防音加工を施すことが基本とされています。

また、アンプやミキサー、スピーカーなどを設置するためには、コードを多く用いることになりますが、アンペア数などをしっかりと把握した上で設置を行うことが必要になり配線などがショートしてしまうことが無いように配慮することも大切です。

照明器具などの設置も必要とするために、電設関連の工事会社に依頼することが必要になります。

店舗は外装や内装だけでなく、音楽も雰囲気を出すための重要なアイテムといえます。

飲食店や美容院、アパレル関係など、店内で音楽を流したい方は多いと思いますが、場所によっては音響設備工事をすることになります。その際には建物に防音加工に施さなくてはいけません。

天井や壁、床材などに防音機能が備わっていると近隣の店舗や住宅に住む方とトラブルを起こさずに済みます。防音はドアなどの細かい部分にも施すのが一般的です。

また、アンプやミキサー、スピーカーなどを設置するためには、コードを多く用いることになりますが、アンペア数などをしっかりと把握した上で設置を行いましょう。配線などがショートしてしまうことがないよう、電気の容量にも配慮することが大切です。

 

少しはお役に立てたでしょうか。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

 

◆──────-- - - -           102-NETWORK        - - - – --───────◆

 

 

 

ページトップへ