東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

こまめに取りましょう。パソコンデータのバックアップ

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

パソコンを使っていて最も避けたいことのひとつに「データの消失」があります。
完全にデータの消失の可能性を無しにすることは難しいですが、
データが消えてしまった時にバックアップデータがあれば、
保存をしていた時のデータを元に復旧することが可能になります。

なぜデータバックアップが必要か?

パソコンのデータは、落下による破損や浸水などの物理的な要因や、
謝ってデータを削除したり別のデータを上書きしてしまうなどの人為的な要因により、
消失してしまう可能性があります。

機材やソフトウェアは壊れたり失くしたりしても、代替品を購入するなどすれば復旧が望めますが、
データは完全に消えてしまうと代わりを探すことはできません。
また、業務で作成していたデータが消えてしまうようなことがあれば、
取引上の信用にも関わります。どんなデータも消失は絶対に避けたいところです。

そこで、データが完全に消えてしまうことを防ぐ方法の一つが「データバックアップ」です。
データバックアップとは複製したデータをパソコンなら
外付けハードディスクなど別の場所に保存しておくことで、
使用している機器にトラブルが発生して、機器内のデータに影響が出た場合でも、
あらかじめ保存しておいたデータによって元の状態(もしくは元の状態に近い状態)に戻すことができます。

 

パソコンのデータをパックアップするのに必要なものは、
「記録メディア」と「バックアップソフト」の2つです。
必要なファイルだけをバックアップする場合は、
USBメモリや外付けHDDなどの記録メディアがあれば、コピペだけでもできます。
丸ごとバックアップの場合は、コピペではできないので、
ソフトを使ってバックアップすることになります。

 

バックアップを保存する記録メディアの種類
パソコン上のデータをバックアップは、使っているパソコン本体とは別の場所に保存しましょう。
なぜなら、普段使用しているパソコンにバックアップすると、
パソコンが壊れたらバックアップデータも壊れてしまうからです。
では、どのようなものにバックアップを取ればいいのでしょうか。

・外付けSSD(ソリッドステートドライブ)
外付けHDDと基本変わりませんが、SSDの方がデータの読み書きが速いです。
その分価格が高いので、丸ごとバックアップにはあまり向いてません。

・USBメモリ
数百円から買えるもっとも手軽なバックアップメディアです。
記録容量がHDDの10分の1程度なので、ファイルのバックアップには向いていますが、
丸ごとバックアップには向きません。
USBメモリはHDDが壊れた時などに起動ディスクや回復ドライブとして使えるという利点があります。

・ブルーレイディスク/DVD
1枚単位で記録ディスクを増やせるので、バックアップを細かく分けたい時に便利です。
ただ、データへのアクセス速度が遅い、安価なUSBメモリの普及、
ブルーレイディスク/DVDの光学ドライブを搭載していないパソコンも増えてきているので、
バックアップ用としてはあまりメリットがありません。

・NAS(ネットワークHDD)
パソコンではなく、家庭内LANなどのネットワーク上で共有しているHDDへデータを保存する方法です。
複数のパソコンを使っているなら便利なバックアップ方法です。

・オンラインストレージ(クラウドサービス)
インターネット上にあるデータ保存サービスを使う方法です。
無料で使えるサービスとしては、Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなどがあります。
無料プランだと1GB程度しかデータを保存できないので、
文書ファイルなどには十分バックアップ先として使えますが、
写真や動画などをバックアップするとすぐに容量が足りなくなります。
有料プランにすれば容量の問題は解決できますが、毎月費用がかかります。

 

定期的にデータバックアップしておくことが大切
普段なかなか意識して行えないデータバックアップですが、
PCの故障やデータの消失は、前触れなく突然やってきます。
面倒だからと先延ばしにしたり忘れてしまうことがないように、
定期的にデータをバックアップしておくことが大切です。
「やっておけばよかった…」と後悔することがないように、
自分に合った方法で無理なくバックアップを取って、
不測の事態にも慌てず対処できるように備えておきましょう。

 

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

 

◆──────-- - - -     102-NETWORK       - - - – --───────◆

ページトップへ