東通ネットワーク株式会社

お役立ちコラムCOLUMN

知っていますか??HUBとルーターの違い

◆──────-- - - -         102-NETWORK        - - - – --───────◆

ルーターの役割は、ISP(インターネットサービスプロバイダ)からモデムなどに
割り振られたIPアドレスを複数の機器で共有するために、LAN側の機器にプライベートIPアドレスを割り振り、
接続してデータのやり取りができるようにする役割です。
対してHUBは、ネットワーク構築の際に複数の機器を接続するだけで、
プライベートIPアドレスを割り振る機能がありません。
市販のルーターのほとんどにハブも内蔵していて、複数の有線接続が可能となっています。
ルーターとハブはまったく役割の違う機器です。

HUBとは
HUBとは、LAN上で各端末(コンピューター、ネットワークプリンタなど)同士を接続する機器のことです。
HUBには、大別して「リピーターHUB」と「スイッチングHUB」の2種類があります。
リピーターHUBは、ある端末から発信された信号をすべての端末に送信(ブロードキャスト)する
原始的な構造となっています。
このためネットワークに無駄な負荷をかけてLANの通信速度を低下させ、
また、ほかの機器に向けたデータも別のコンピューターで傍受できてしまうため、
セキュリティ上にも大きな問題がありました。

スイッチングHUBとは
スイッチングHUBは「スイッチ」または「LANスイッチ」とも呼ばれる、LANの主要なネットワーク機器です。
スイッチングHUBの機能はリピーターHUBとよく似ていますが、
リピーターHUBが送信と受信を同時に行えないのに対し、
スイッチングHUBでは同時に行えるため、リピーターHUBよりも高速に通信が行えます。
また、スイッチングHUBは「MAC アドレス」という各端末の識別信号により端末を識別できるため、
特定の端末にだけ情報の送受信ができます。
ですからスイッチングHUBはリピーターHUBより効率的に、セキュリティ面でも安全にLANの中継が行えます。

複数の機器を使うにはどこかにルーターが必要
ブロードバンドルーターの役割は、ネットワークに接続する機器をひとつにまとめることです。
言い換えれば、複数の機器を同時にインターネットに繋ぐ場合はどこかにルーターが必要だということです。
とはいえ、現在はプロバイダーから貸し出されるモデムに、大体ルーター機能も搭載されていることが多く、
スイッチングHUBまで搭載されており、4ポート程度LANポートがある製品が多いようです。
モデムとは別にルーターを設置するのは、モデム機器が古くてルーター機能が無い場合や無線LANの導入、
ルーターのセキュリティ機能など単体のルーター独自の機能を利用する場合です。
こういった場合に、たまにルーターが2重になったことにより速度の低下などの問題が発生することもあります。
モデムにしろ、単体でのルーターにしろ、大体の機器はルーター機能を無効化できることが多いので、
2重ルーターによる不具合があったのなら、どちらかのルーター機能を無効化すれば、
2重ルーターによる不具合は改善できます。

道路交通に例えると、道路がLANケーブルで、交差点がHUBになります。
目的地を設定したり、交通整理をするのがルーターです。
データーが車のように目的地に走ります。
分岐のみのHUBは別にして、ルーターは通信に伴うデータのやり取りに必要な機器です。
見た目は似ていますが、役割は全く違います。間違えずに接続して快適なLAN生活を送りましょう。

当社でも施工等のご相談等承っておりますので、お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

◆──────-- - - -              102-NETWORK                     - - - – --───────◆

ページトップへ